「越路黄蓮・三葉の梅花黄蓮」  キンポウゲ科オウレン属
「コシジオウレン・ミツバノバイカオウレン  岐阜県白川村 籾糠山登山道にて (2007.5.28)
一枚目と四枚目の写真の花は開化してから経っていて、雌蕊が目立ちどう見ても美しさは無くなっている、
2枚目と3枚目の写真は多数の雄蕊の葯に赤い色が出て、可愛らしく美しい素敵な花となるが数は少ない。

      山歩き記録 ⇒籾糠山
「コシジオウレン・ミツバノバイカオウレン  福井県勝山市 取立山にて (2006.5.31)
大きく開けた取立山山頂を踏み取立平に下ると、避難小屋の直ぐ先に小さな湿地が有り水芭蕉が見られ、
湿地周回路を行くと足元に小さな白いオウレンの花が幾つも咲き、日本海側に自生するとされている花。

本州中部地方以北の日本海側亜高山〜高山に自生の多年草で、5〜7月花茎の先に白い花を1個付ける。

花茎は高さ7〜15cmで紫色をし、花は大きさ1.2〜1.5cmで白い花弁状の蕚5枚が反り返る
ように開き、花の中心部に緑色の雌蕊約10本雌蕊を囲んで雄蕊多数(数十本?)で、舷部へら形黄薄
緑色の花弁6枚。

葉は根生3出複葉小葉は倒卵状楔型で浅く3裂、上半部浅い鋸歯が有り質は固くやや厚く冬も枯れ無い。

花の名前は日本海側に多く自生し「北陸道」の古称の「越路」が付き、オウレン属で「越路黄連(こしじ
おうれん)」、別名は小葉が3枚で花が梅に似て「三葉の梅花黄蓮」と付いた、尚「梅花黄蓮(ばいか
おうれん)」は小葉が5枚。

      山歩き記録 ⇒取立山
キンポウゲ科オウレン属

 ・セリバオウレン  ・ミツバオウレン  ・バイカオウレン  ・キクバオウレン


TOP 花TOP