「釣鐘人参」    キキョウ科ツリガネニンジン属
「ツリガネニンジン」    愛知県新城市 比丘尼城址にて  (2010.10.18)
ミカワマツムシソウが咲く潅木が疎らな所を降っていると、咲いていたが花の付きが少ない、
然し花の形は良く整っていて愛らしさも有り、品の良さも感じるように咲いていて良い感じ。
「ツリガネニンジン」     長野県小諸市 浅間山にて (2006.8.24)
車坂峠から表コースを歩き始めると直ぐこの花が咲いていて、何故か痛んでいる花が多かった。

北海道及び本州・四国・九州の野山の草地に自生し、8〜10月頃茎先に青紫色の花を付ける。

花は茎先に円錐花序を出し4〜6段に亘って多数の花を付け、長さ2cm程の吊鐘形で下向き
に数個ずつ輪生状に付け、花冠は先が浅く5裂し僅かに反転し花柱は長く花から突き出で萼片
は細長く少し反り返る。

茎の高さ40〜100cmと高くなり、葉は卵状楕円形で先は尖り基部楔型で縁に鋸歯が有り、
普通4〜5枚の輪生だが変異が多く時には対生や互生。

若葉は「ととき」と呼ばれて昔から山菜とし食用され、又生薬名「沙参(しゃじん)」と言い、
鎮咳や痰切り・強壮の薬効が有り飲用されていた。

花の名前は花の形が寺の梵鐘(釣鐘)に似て、根は薬用の高麗人参に似て「釣鐘人参」と付く。

        山歩き記録 ⇒浅間山
「ツリガネニンジン」    長野県下諏訪町 八島湿原にて  (2006.8.1)
車山肩辺りのニッコウキスゲを楽しみに来たが、今年は良くない年の様で一面と言うには程遠い、
蝶々深山〜車山乗越〜山彦谷南・北の耳〜男女倉山と歩こうと、八嶋ビジターセンターに向った。

ビジターセンターより歩き始めたが物見岩の手前迄来ると、空模様が怪しく諦めて戻る事にして、
奥霧の小屋から左に八嶋ヶ原湿原周回コースに進み、御射山分岐を右に湿原周回コースに進む。

すると俄然花が多く見られるようになり、この花も遊歩道際の休憩所辺りに少ないが咲いていた。

      山歩き記録 ⇒霧ヶ峰(八嶋ヶ原湿原)
*キキョウ科ツリガネニンジン属    ・ハクサンシャジン


TOP 花TOP