「ブナの大木」
西水源山のブナの大木
岐阜県高山市清見町  「西水源山(にしうれやま)」にて (2009.10.16)
こもれび広場から山頂を経由し日本海と太平洋の分水嶺「西ウレ峠」に向い、暫くすると唐松林と
なり谷間を降って行くと、平坦になった辺りに周囲を圧するように大木が立ち、写真に一部写って
いるが周りは細い木が多く余計巨木が目立っていた。

「ウレ」とは古語で末梢や一番先の意味とされ、「位山峠1,095m」・「竜ヶ峰峠1,121m」
・「西ウレ峠1,113m」と続き、峠の中で西の谷川の一番先に有り「西ウレ峠」と呼ばれている。

     山歩き記録 ⇒西水源山

TOP お気に入りTOP