「姫河骨」    スイレン科コウホネ属
「ヒメコウホネ」     岐阜県可児市 薬王寺にて (2007.7.22)
薬王寺境内から左に降ると池が有り、ヒメコウホネが多数咲いているが場所は離れ接写は出来無い。

本州中部地方以西及び四国・九州の池や湖沼に成育し、花期は長く5~9月直立した茎の先に黄色の
花を1個上向きに付ける。

花は大きさ3〜5cmで花の外側に花弁状萼片が5個、中にへら状花弁が10〜20枚一列に並び
内側に多数の雄蕊、柱頭は雌蕊の上部が円形に広がり盤状になる柱頭盤の上に有り放射状に広がり、
花後萼は緑色になり水中に沈んで結実する。

地下茎は白色で太く水底を這い横に広がり、葉は束生し長い円筒状柄が有り、水上に出る「抽水葉」
と水中に留まる「沈水葉」が有り、 抽水葉は広円形長さ10〜30cm質は厚く艶が有り、
沈水葉は膜質で細長く質は薄く縁は波打ち、水底が見えない程付く。

花の名前は根茎が太く白骨に様に見え「河骨(こうほね)」、コウホネより葉が小型で姫「姫河骨」
とされ絶滅危惧II類。

  *花は少し小さい位でコウホネと同じで区別し難いが、
    ①コウホネは放射状の柱頭の先が尖るが本種の柱頭は余り尖ら無い
    ②コウホネの葉は長卵形と長く質は厚いが本種は広円形で丸く薄い
*スイレン科コウホネ属       ・コウホネ


TOP 花TOP