「沢桔梗」    キキョウ科ミゾカクシ属
「サワギキョウ」    岐阜県中津川市 根の上湖湿原にて (2007.9.9)
シロヤシオ渓谷から「保古山」に登った後、保古ノ湖の際を歩いて根ノ上湖湿原に寄ってみる。

最初の湿原に行くと背丈が大きい立派なサワギキョウが咲いていた、数も多く有り見応え十分、
然し情けないかな写真に上手く出ていない、他にはミカワシオガマやミズギクに会えて帰った。

      山歩き記録 ⇒保古山
「サワギキョウ」    岐阜県恵那市 西赤阪湿原にて (2006.9.20)
小規模の湿地にシラタマホシクサが群落の中、イワショウブと共にサワギキョウが咲いている、
ぐしゃぐしゃな感じの写真となり実際もそんな感じだが、それを上手く撮らないと意味が無い!
「サワギキョウ」       岐阜県土岐市 陶史の森にて (2006.9.5)
狭い遊歩道を登ると沢に堰堤が有り浅い水溜りが出来ている、そこにすくっと立ち明るい紫色で咲いていた。

北海道・本州・四国・九州の山野の湿った草叢や湿地等に自生、7〜10月茎先に濃紫色の花を多数付ける。

花は茎上部に総状花序を付け、長さ約3cmの唇形花で上唇は深く2裂下唇は浅く3裂し縁に疎らな長軟毛
が有り、花柱は花弁の上方に長く伸び、蕚は鐘形で先が5裂。

茎は無毛で高さ50〜100cmの円柱形の中空で枝分かれせず、葉は無柄の披針形で互生し縁に細い鋸歯
が付き、根茎が太く横に這い伸びて増えしばしば群落が見られる。

花の名前は沢辺等の湿った所に自生し、花の色が桔梗(ききょう)の青紫色と同じ様な色をして「沢桔梗」。

本草は有毒成分を含み摂取すると呼吸中枢が刺激され、下痢・嘔吐をし血圧が下がり意識不明になり注意。


TOP 花TOP