「クロイトトンボ」
「河骨に留るクロイトトンボ」    岐阜県中津川市 夜明けの森にて (2007.7.3)
「高峰山」山麓の広さ約130haとされる「夜明けの森」の、高峰湖で無く小さな池でスイレン科コウホネ属
「河骨(こうほね)」の写真を撮っていると、糸トンボ飛んできて羽を休めていた。

日本全国に生息(北海道及び東北地方は稀とされる)、平地や丘陵地の水草の多い池等浮遊性の植物
が多く見られる所に産卵するとされ、写真は全体に黒っぽく「クロイトトンボ」の雄の様子(雌の腹部は黒っ
ぽく無く黄緑系~青色系が多い)、雄の特長は胸部の側面と腹部の先端が鮮やかなブルーとされている。

TOP お気に入りTOP